Skip to main content

規約

1.1. 本アワードは、英国ウェールズ州に登録する、登録番号1099709のジェームズダイソン財団(James Dyson Foundation  以下、「JDF」)により運営・管理される。

1.2. 本規約は、応募者のジェームズ ダイソンアワード(James Dyson Award以下、「JDA」)への応募に関して定めるものである。

1.3. JDAに応募(下記に定義する)することにより、応募者は本規約の全条項に拘束されることに同意したものとする。

1.4. Dyson及び/又はJDFの社員及びその家族はJDAへの応募を禁止する。

1.5. JDFが制御できない要因により、JDAの運営管理又は適切な応募が妨害された場合、JDFはその裁量によりJDAを中止または一時中止する権利を有する。

1.6. JDFは、応募の受付及び/又は審査を妨げる郵便事情、技術的、又は自然条件に対して責任を負うものではない。

1.7. 本規約は、あらゆる点において、英国法に準拠する。本規約又はJDAに起因又は関連して発生する全ての紛争(規約上のものであると規約外のものであるとを問わない)は、当事者は取り消し不能な形で英国の裁判所の専属的管轄に従う。

1.8. JDFは、www.jamesdysonaward.org/ja/(以下、「ウェブサイト」)で更新した規約を掲載することにより、いつでも通知なしに本規約を修正する権利を留保する。

1.9. この応募条件が英語以外の言語で書かれている場合、不一致や一貫性に関する問題が生じた際は英語版が適応されます。

2.1   2.2項に基づき、JDAへの応募資格を有するためには、応募者は全員、応募時点で少なくとも18歳以上である必要があり、更に、下記のいずれかに該当しなければならない。

2.1.1 下記に規定するJDA参加国に所在する教育機関のエンジニアリングやデザイン、関連分野の学部又は大学院に在籍している(且つ、該当するコースに少なくとも1学期間受講中又はしていた)又は、

2.1.2. 過去4年以内に下記に規定するJDA参加国に所在する教育機関のエンジニアリングやデザイン、又は関連分野の学部又は大学院を卒業

2.2. チームで応募する場合、応募時点で、チーム全員が少なくとも18歳以上であり、更に、メンバーのうち少なくとも1人が2.1項に規定するJDAへの応募資格基準を満たす必要がある。その他のメンバー全員が、応募時点で、JDA参加国の教育機関の大学レベルの学生、又は、何れかの分野のコースで過去4年以内に卒業している。チーム参加は、最大10名までに限られます。 

2.3. 応募者は全員、JDFの合理的な要請に基づき、2項に規定する応募資格基準を満たすことを示す書面による証拠を提出する。応募者がJDFを合理的に満足させる該当証拠を提出できない場合、又は、応募者が応募資格基準を満たさないことをJDFが認識した場合、JDFはその他のいかなる権利や救済策を侵害することなく、(その裁量において)以下のことを行う権利を有する。

2.3.1. 応募を拒否する。 

2.3.2. 応募者のJDAへの応募を終結させる。 

2.3.3. 応募者(又は応募者のチーム)に対してアワードの授与を拒否する。又は、

2.3.4. 応募者(又は応募者のチーム)に授与された賞金の払戻しを要求する。 

2.4. 2.3項の目的に基づき、JDFが書面で別途に同意しない限り、以下の文書は応募者が応募資格基準を待たすことを示す適切な証拠と見なす(.doc、pdf、又は.jpeg形式)。

2.4.1. 特定の大学で特定のコースに応募したことを示す応募者の指導教員又は講師からの署名入りの手紙。

2.4.2. 応募者の卒業証書。又は、

2.4.3. 応募者の在学と学位を示す応募者の教育機関からJDFへの手紙。

2.5. JDAがJDFにより運営されている国及び地域(各「JDA参加・地域」)は本ウェブサイトで規定する。JDA参加国・地域のリストは、常時JDFによりその裁量によって更新できる。

3.1. JDAに応募するためには、応募者は各自の作品(「作品」)を本ウェブサイトにアップロードする(「応募」)。応募者は、各自の応募に少なくとも以下のものを確実に含めるようにする。

3.1.1. 作品名。この作品名は全ての通信及びその作品に関するメディア掲載に表示する。

3.1.2. 原則的な目的と機能を説明した作品の簡潔な説明文(200字以下)。説明文は解消した問題と作品がどのようにして問題を解消したかについて記述する。 

3.1.3. 応募者のモチベーションとともに、作品に至った案についての説明。

3.1.4. 作品がどのように機能するかについての説明。

3.1.5. 応募者/応募チームが作品を発展させた発展過程についての説明。

3.1.6. 既に市場に出ている他の製品との相違点を含めた作品の目新しい点についての説明。

3.1.7. 今後の研究開発を含めた作品の計画についての説明。

3.1.8. 以下を含む(がこれに限定されることはない)低解像度の画像。

3.1.8.1. 略図、

3.1.8.2. 図面、

3.1.8.3. Dモデル又はプロトタイプ(オプション)、及び、

3.1.8.3.1 フォトリアリスティックな3D CADレンダリング(オプション)、及び、

3.1.9. 背景を白とする作品の高解像度(300dpi)のイメージ。

3.2. 又、応募者はコンセプト又はプロトタイプを使用しているビデオを提出するように努力する。

3.3. 応募者は応募内容の全項目を英語にて提出する。又、応募者の母国語版も併せて提出できる。 

3.4. 応募者は本人が希望する数だけエントリを提出できるが、1つの作品について1つ以上の応募はできない。 

3.5. JDFは、猥褻、ポルノ、猥褻な画像や参照を含む応募内容、又は、第三者の権利(知的財産権を含むがこれに限定されない)に抵触する応募内容は受け付けない。JDFは、JDFが合理的に見て不完全又は不適切な内容であると見なす応募内容、又は、十分であると思われるレベルの英語で書かれていない応募内容を拒否する権利を有する。

3.6. JDAに応募することにより、応募者は、応募内容(3.1項及び3.2項に記述する全項目を含む)が公開されること、及び、インターネットを含む全メディアチャネルで一般公衆が当該応募内容を共有できるようになることを容認する。3.7項に基づき、応募者は、更に、JDFには応募者の応募に関する守秘義務がないことを容認する。 

3.7. JDFは、応募者の書面による同意がない場合は、全応募者の連絡先詳細を極秘扱いとし第三者に開示しない。応募者は、各自の応募内容には連絡先詳細や他の個人情報を含めないことを確保するものとし、応募者がこの点を履行しなかった場合、JDFは何らの責任を負わないことを容認する。

3.8. 応募者は、JDFの合理的な要請に基づき、展示及びディスプレイ目的のために本作品を作成する(モデル及びプロトタイプを含むがこれに限定されない)。JDFは、希望する場所から希望する場所へ輸送するためにマテリアルなどの輸送経費を負担し、紛失や破損防止のためアイテムに保険をかける。JDA及び将来のアワードに関する宣伝及びプロモーション活動が終了したら、全てのアイテムは所有者に返却される。

3.9. JDFは、応募提出後、該当作品が3.1項に規定される最低要件を満たすために、(JDFの単独裁量で)応募者に連絡して修正及び/又は追加情報の提出を要請する権利を有する。 

4.1. 本ウェブサイトにより、2018年3月27日()から2018年7月20日(木)23時59分(東部標準時間)まで応募を受け付ける。(日本時間:2017年7月21日13時59分)JDFは、この期間以降に受け取った応募作品に対しては責任を負わず、応募を受け付けない。

4.2. 2018年8月に、各地域の地元の審査員パネルが各参加国から最大5つの優秀作品を選択します。ジェームス ダイソン アワードでは、審査員が必ずデザインの見識を持った研究者または専門家であることを確認し、また、発明品は作品の価値と品質にのみ基づいて審査されることを保証します。 

4.3. JDFは、3.7項に基づき、応募者の連絡先詳細を審査員に知らせないことを保証する。各国・地域の審査委員は合計81件の作品を選抜する(応募資格のある各国・地域から最高5件までの作品)(「国内審査通過リスト」)。国内審査通過 リストは第2次審査を経る。又、各地域の審査員は、JDA参加国・地域で「各国・地域の最優秀賞受賞者」として国内審査通過リストから1件の作品を選択する。

4.4. 第2次審査では、Dysonグループの経験豊富なエンジニアにより更に慎重に審査され、国内審査通過リストは20件の最高作品に絞られる(「国際TOP20リスト」)。JDFは、国際TOP20リストが、作品が募集課題に対してどのようにきちんと向き合ったかに基づいて純粋に選抜されることを保証する。ただし、必ずしもJDA参加国・地域から1件の作品のみが選抜されるわけではない。

4.5. ジェームズ ダイソンは、国際TOP20リストから、(個人の裁量に基づいて)JDA国際最優秀賞者と国際準優秀賞者を選抜する。

4.6. JDA国際最優秀賞者は2018年10月に発表される。

4.7. JDA国際最優秀賞者に対する賞品は次のとおりである。

4.7.1. 各個人又はチームに対し30,000ポンド(参考金額約435万円*) 

*1ポンド=145円で計算。なお、4.10項参照。以下同じ。

4.7.2. 国際最優秀賞者が在籍している、又は在籍していた教育機関に対し5,000ポンド(約72.5万円)

4.7.3. ジェームズ ダイソン アワード賞状

4.8. JDA国際準優秀賞者に対する賞品は次のとおりである。

4.8.1. 各個人又はチームに対して5,000ポンド(約72.5万円)。及び、

4.8.2. ジェームズ ダイソン アワード賞状

4.9. JDA参加国の国内最優秀賞者に対する賞品は次のとおりである。

4.9.1. 各個人又はチームに対して2,000ポンド*(約29万円)。及び、

4.9.2. ジェームズ ダイソン アワード賞状

5.1. JDAは、作品に関する知的財産権の取得又は検証に対して責任を負わない。該当作品を応募する前に応募している作品に対する保護を確保する責任は応募者にある。特許、意匠の申請又は登録、商標の申請又は登録、その他の権利、許可や申請の証拠は応募内容にて言及する。

5.2. 各応募者は、応募することにより、各自が作品の適切な全知的財産(及び人格権)の所有者又はライセンス保有者であることを確証するものとする。

5.3. 応募者が第三者の知的財産権に(直接的又は間接的に)抵触した結果発生したJDF及び/又はDysonグループ内の企業が被る全てのコスト、費用(法律費用も含む)、損害、損失又は責任に対し、応募者はJDFとDysonグループに対し十分に免責し、免責した状態を継続し、更に損害・損失を与えないものとする。疑義を避けるために付言すると、該当する応募がチームによって提出された場合、本項における各チームメンバーの責任は連帯責任とする。 

5.4. 5.4 項に基づき、各応募者は、JDA及び/又はJDFの広告目的又は促進目的のため、ここに、JDFに対して応募の際提出した全ての資料・内容につき、使用・表示・公表・普及及び適用する全世界における、取り消し不能な、永続的な、ライセンス料なしの(サブライセンス権を伴う)ライセンスを与える。

 5.5. (当事者間においては)作品の全知的財産権は常に応募者の所有物とする。本規約又は応募者のJDAへの応募においては、何事も、作品の知的財産権をJDF又は第三者(Dysonグループを含むがこれに限定されない)に対して譲渡し又はライセンス許諾を与えるものではない。

6.1. 本規約は、当事者の過失、不正行為、又は有効性を法的に制限又は除外できないその他の責任によって起きた死亡事故や人身障害に対し、当該当事者の法的責任を限定する、又は免責するものと見なされるものではない。 

6.2. 6.1 項に基づき、JDFは、間接的又は結果的に発生した損失や損害に対して法的責任を負わないものとする。 

6.3. JDFは、応募者(又はチーム)のJDAへの応募が本規約に違反し、又はJDF及び/又はDysonグループ内の企業の信用を失墜させる場合、その他のいかなる権利や救済策を侵害することなく、書面による通知により、当該応募者の応募を取り消す権利を有する。 

6.4. JDFへの書面による通知により、応募者はいつでもJDAから応募作品を撤回できる。チームによって応募された場合、各チームメンバーがJDFに書面で通知するまで応募を撤回したと見なされない。

7.1. 応募者は、応募することにより、JDFがJDA を運営管理する際に応募の登録過程で収集した個人データを使用することを明示的に許可するものとする。JDFは、プライバシーポリシー(本ウェブサイトで閲覧可能)及び全ての適用法と規則に則り、応募者の個人データを収集・保管・使用・取扱い、及び処理する。応募者は、JDF宛にEメールや手紙を送ることで、JDFが保持する個人データにいつでもアクセス、又は修正する権利を有する。

7.2. JDFは、応募者から事前に書面による同意を得ずに、応募者の個人データを第三者に開示しないものとする。

8.1. 全ての応募者は、JDFの書面による合理的な要請に基づき、応募資格のある国・地域におけるJDA及び今後のアワードに関する宣伝活動又はプロモーション活動に参加することに同意する。JDFは、応募者の交通費と宿泊費を負担し、当該活動に参加することで応募者が負担した全ての合理的な費用を払い戻すものとする(合理的な証拠の提供に基づく)。

End of main content. Return to top of main content.