Skip to main content

募集要項

問題解決のアイデア

JAMES DYSON AWARDは、次世代のデザインエンジニアを育成、支援するするための国際エンジニアリングアワードです。問題を解決するアイデアをお待ちしています。開発された試作品があれば、併せて応募ください。

応募資格

デザイナー、エンジニアを目指す方

エンジニアリング(工学)、プロダクトデザイン、工業デザインを専攻する学生、卒業・修了して4年以内の方を対象としています。登録時に、在籍・卒業証明書写しの提出が必要です。

個人ではなくチームでの応募も対象です。全員が18歳以上の現役生もしくは卒業・修了して4年以内で、代表者が対象の学部や専攻出身の方であればチームとしての応募が可能となります。


対象国

27ヵ国・地域

20を超える国と地域から問題解決のアイデアを募集します。

下記対象国の内、最終学歴を修めている国がご自身が参加する国となります。オーストラリア、オーストリア、ベルギー、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、インド、アイルランド、イタリア、日本、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、フィリピン、ロシア、シンガポール、韓国、台湾、スペイン、スェーデン、スイス、英国、アラブ首長国連邦、米国(アルファベット順)

刺激を受ける

受賞者のその後

JAMES DYSON AWARDを受賞して、今どのようなキャリアを歩んでいるのか、受賞者のその後を紹介します。

受賞者のその後について知る

審査手順

国内審査から国際審査へ

  1. 7月
    9月
    第一審査【国内審査】

    国内審査員が各参加国より、次なる審査へ進む最大3作品をを選出します。その中の1作品が、国内最優秀賞として発表され、賞金が授与されます。

    審査基準は、作品そのものだけではありません。作品の重要さ、開発に至るまでの経緯、試行錯誤を経て最終デザインに至る過程も重視します。

  2. 9月
    第二審査【国際審査TOP20】

    ダイソンのエンジニアが、第一審査を通過した作品を審査し、国際TOP20を選出します。問題解決のアイデアという募集課題に対して、どのように解決しようとしているのか、技術的実行可能性のみに留まらず、製品化の可能性も視野に入れ、審査を行います。

  3. 10月
    最終審査【国際最優秀賞】

    ジェームズ ダイソン自身が国際TOP20作品から国際最優秀賞1作品及び準優秀賞2作品が選出されます。最終的に社内の法務部門にて、第三者による特許を害していないかなど確認の上、発表をします。

    応募頂いた作品の権限は、応募者に帰属します。ダイソンがそのアイデアを侵害するようなことはありません。

よくある質問

よくある質問をまとめました

ご用意いただくもの

応募の際は、学生証・卒業証明書の写しをご用意の上、まずご登録ください。
ご登録後、下記のウェブ上から、応募頂きます。応募項目は下記の通りです:

  • 応募作品の概要
  • 作品開発に至る経緯
  • 機能
  • 開発過程
  • 既存品との差別化
  • 将来の計画


ここで入力された情報は最終的にサイト内の作品一覧に掲載されます。

国際エンジニアリングアワードのため、英語での提出が必須です。日本語などの母国語と合わせて提出することも可能です。

画像

1つのメイン画像を含む、最大5つの画像を提出することができます。最大3MBまで提出可能です 画像とは、初期段階でのスケッチや、CADレンダリング、試作品(複数段階あれば複数)などです。可能な限り高画質にしてください。

メイン画像は、作品一覧にも掲載される画像です。最低最低 1440px x 810pxであるようお願いいたします。この画像は、応募作品の最新のバージョンであることが望ましいです。

動画

応募作品の理解を深めるため、動画の提出を推奨しています。動画がないことで、減点になることはありません。動画は3分以内、デザインの開発過程や試作品が機能している内容が望ましいです。YouTubeもしくはVimeoにアップロードし、リンクを提出してください。

過去の成功事例の作品を見る


End of main content. Return to top of main content.