スキップする

JAMES DYSON AWARD

国内最優秀賞の決定

国内最優秀賞作品を含む上位3作品が決定いたしました。「今年の作品」より、入賞した作品をご覧ください。 上位3作品は他国の作品群と共に国際ステージ 第2次審査に進みます。国際TOP20の発表は10月15日に予定しています。

詳細はこちら
  • 英文のニュースレターに登録する

JAMES DYSON AWARDとは

次世代デザインエンジニアの支援

JAMES DYSON AWARDは、次世代のデザインエンジニアを称え、育成、支援するための国際エンジニアリングアワードです。対象者は、デザインやエンジニアリングを学ぶ学生や卒業後4年以内の若手エンジニアやデザイナーです。本アワードは、デザインエンジニアリングの必要性を伝え、次世代のエンジニア育成を目的に活動をする、ジェームズダイソン財団が運営しています。


スケジュール

3月 19

応募開始

7月 16

応募締切

9月 17

国内審査結果 発表

10月 15

国際TOP20 発表

11月 19

国際およびサステナビリティ賞の発表

JAMES DYSON AWARDで得られること

賞金、世界を舞台に名を広めるチャンス

JAMES DYSON AWARDは、賞金に加え、国内外のメディアで紹介される機会の提供を通して、応募者のキャリア形成をサポートします。受賞をきっかけに、作品の製品化や、起業の道に進んだ方もいます。*賞金・寄附金はいずれも、1ポンド=150円の参考金額を明記。受賞発表時の為替相場に応じて換算予定

国内最優秀賞

¥280,000

国際準優秀賞

¥700,000

サステナビリティ賞

¥4,200,000

国際最優秀賞

¥4,200,000

所属先の大学・大学院への寄附金 ¥700,000*

募集課題

問題解決のアイデア

募集課題はシンプルです。常識にとらわれない、他とは違う考え方によって、試行錯誤を繰り返し、より良い機能を持つ作品を求めています。

エンジニアは反復的にデザインプロセスを行います。審査員、特にジェームズ ダイソンが興味をひかれるのは、巧みでありながらもシンプルな工学原理を採用し、明確な問題の解決に取り組むデザインです。

作品の持続可能性や、技術的実行可能性のみに留まらず、製品化を視野に構想されているのであれば、製造コストや販売価格などのリサーチも追記してください。

ジェームズ ダイソンは、サステナビリティ(持続可能性)の問題に取り組んだ、または開発過程、材料もしくは製造にサステナビリティ要素を取り入れた作品にも期待を寄せています。

次世代のデザインエンジニアは、人々の生活を変える、本質的な技術を開発する力を備えています。JAMES DYSON AWARDは、自分のアイデアを最後まであきらめず、開発し続ける若きエンジニアやデザイナーを称えます。
ジェームズ ダイソン
ジェームス ダイソンの画像
トップページに戻る